手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

 

ホーム>フォーラムが選ぶ・この逸品>太田潤手吹きガラス工房八寸縁返し鉢

フォーラムが選ぶ・この逸品

太田潤手吹きガラス工房八寸縁返し鉢

太田潤手吹きガラス工房八寸縁返し鉢

2018年4月 高梨武晃
製作地:福岡県東峰村

ガラスの類では大きな部類になる八寸の鉢
私は今まで潤さんのつくるものに知性を強く感じていた
だが今回、この鉢には知性にプラスして
素直さを目に感じ取り、手に取ったのだ

実際に使ってみると大きさに反し軽く手取りが良い
食卓に上がる機会も自然と多くなっている
しかも使っていて安心感がある
その安心感を与えているのは縁の返しだろう
縁の返しにより強度を与えられたガラスの鉢は
軽快感と安心感という
一見すると相反する特徴を得られている

潤さんによると
久野恵一さんからの、現在つくられているイランの鉢を見本とした依頼だったそうだ
そのイランの鉢は胴に紐状のガラスが巻かれていた
しかしその紐は欠けていたそうだ
なので久野さんからは縁返しだけでとの依頼だった

蛇足だが、我が家にも同じ手のイランの鉢がある
たしかにこれも紐部分が欠けている
飾りとしてではなく
実用のためと考えれば
この取捨選択は当然のことだろう

潤さんはものが好きだ
その部分に私は知性を感じているのかもしれない
今回なぜこの鉢に素直さを感じたのかは分からない
ただこのような素直な鉢が世に広まれば嬉しいと思い、推薦する