手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>ヒレカツカレー

いただきます

ヒレカツカレー

ヒレカツカレー

2018年5月10日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

柳宗悦の妻、兼子さんが作ったみそ入りカレーと、
バーナード・リーチが昭和10年に鳥取に来た折り、
女学校の生徒達に教えたみそが隠し味のカレーをヒントに、
10年程前からみそ煮込みカレーをたくみでもお出ししているのですが、
これがとても人気で年齢を問わずよい評判をいただいています。

その裏メニューで、鳥取県産のポークのヒレカツをそのカレーの上に乗せて時々提供しています。
これはお昼の松花堂弁当でポークヒレカツがメインの時に出すのですが、
数に限りがあるのであくまで裏メニューですが、とても人気があり、あっという間に売り切れてしまいます。

一言:
この度はとってもユニークなカレーの紹介です。
最初の一口は味噌風味の和風で、二口目からは緩やかにカレーの辛味がしてきます。
何とも優しく深みがあるカレーです。
イガイ(貽貝)のすまし汁がよく合いビックリでした。
食後はどっしりとしたカップ(牛ノ戸焼)でゆったりとコーヒーをいただきしました。
(取材&試食担当 衣笠告也)